イベント情報

「学園ヘヴン2」発売記念トークイベント・イベントレポートposted 2015.4.3

2014/11/16にアニメイト秋葉原店にて行われた「学園ヘヴン2発売記念イベント」のイベントレポートです。

ゲスト/主人公役:田丸篤志さん、城河清匡(ジョーカー)役:岸尾だいすけさん、
司会/せなかさん


↑トークイベントの会場。細長い作りですが、かなり近いところでキャストさん達のお話を聞ける会場です。

お客さんも入り、イベントスタート!まず司会のせなかさんがステージに登場し、お客さんが好きなキャラを確認していると、バックヤードからなにやら声が。お客さんの反応に拗ねた岸尾さんがなかなか壇上に登場しないという遊び心が垣間見えたオープニングに。


トークイベント開始。田丸さんと岸尾さんがご一緒になるイベントは今回が初めてとのこと。
そして、話題は学園ヘヴン2の収録時のお話に。
主人公役の田丸さんの収録日数は30日越えで20000ワードという膨大なボイスを収録されたとのこと。
対して、ジョーカー役の岸尾さんは3000ワードほど。それでも膨大な量です。
↑その時に話題になった田丸さんが受け取った台本をすべて積み重ねるとこんな感じです。
(ちなみにドラマCDが1作品分で、だいたい50Pくらいなので、すごさがわかっていただけるかと)


しかし、お二人とも収録したのは昨年(2013年)ということで、スクリーンに実際のゲーム画面を映しながら
内容を振り返ることに。
リプレイしたシーンは、登校初日に腕章を受け取った勇気とジョーカーが出会うところと、ジョーカールート後のジョーカーからの壁ドンキス部分。
オーディオコメンタリーのように、お二人が画面を見ながらゲームに突っ込みを入れつつ楽しく進行していきます。 ゲーム中の選択肢はお客さんに決めてもらいながら、冒頭シーンをリプレイ。
そして、シーンはBL感満載の壁ドンシーンに。
たっぷりと繰り広げられるセクシーな濃厚キスシーンに入るとお客さんが息を呑む中、だんだんいたたまれない雰囲気に。

続いては、皆さんからいただいた田丸さんと岸尾さんへのQ&Aコーナー。
・お二人への質問
「学園ヘヴン2には魅力あるキャラクター達が勢揃いしていますが、その中でも気になるキャラはいますか?」
田丸さん:服部さん
岸尾さん:インド人。園田。

・田丸さんへの質問
「ゲームではものすごい量の台詞をしゃべっていたので、きっととっても収録に時間がかかったんじゃないかなと思います。長い収録のどういうところがつらくて、どういうところが面白かったですか?」
田丸さん:2万ワードが大変だった。冒頭とエンディングのシーンでと声のトーンとかが違ってるかも。
・お二人への質問
「それぞれ演じたキャラクターについての感想をお願いします。印象に残った事があればお聞きしたいです」
田丸さん:とにかく真っ直ぐ。何でも受け入れちゃうし、だまされちゃうけど、運がいい。 それからキャラクターのせいというか自分の話として、園田さんの作る料理の話が出てくるせいで、お腹が鳴って収録が止まることがよくあった。
岸尾さん:最終的にあんなことになるとは。

・岸尾さんへの質問
「ジョーカーのお気に入りの台詞はありますか?」
岸尾さん:(森久保さんのモノマネなどで会場が湧きました)
・田丸さんへの質問
「学園ヘヴン2は無印の学園ヘヴンの7年後の設定になっています。雰囲気を掴むために無印のヘヴンのゲームをプレイ、もしくは福山潤さんに何か聞きましたか?」
田丸さん:ゲームはやってないんですが、福山さんから頑張ってとアドバイスを受けました。

岸尾さんと田丸さんがお互いに対して書いた質問にも回答。
・岸尾さんから田丸さんへの質問。
「同じ事務所の吉○さんはどんな感じ?」(そのほかにも岸尾さんは同様の質問を多数書かれていました)
田丸さん:兄貴って感じ。
・田丸さんから岸尾さんへの質問。
「田丸のことどう思いますか?」
岸尾さん:ま、おいおい。


続いて、朗読コーナー。
お話は、ジョーカーと勇気が遊園地デートをするショートストーリー(※)を今回の朗読劇用にした台本を読んでいただきました。(※ステラワースの「学園ヘヴン2」特典のステラセットに収録されているSS)



岸尾さんのアドリブを混ぜつつの朗読に、アドリブに慣れてきた田丸さんが返しつつ、
ここでしか見られない貴重な朗読劇となりました。

最後は、お客さんとこのイベントのために用意した賞品を当てるじゃんけんキングコーナー。
賞品は、7点。

ゲーム中、朝比奈勇気が着ていた「Happy Hamburger world」Tシャツと球技大会で着用していた「ハバネロ」「鮒寿司」「満漢全席」「肉」のレプリカ1点ものTシャツ。
本日のゲストの田丸さん、岸尾さんのサイン色紙。
原画&キャラデザの氷栗優さんの直筆イラスト入りサイン色紙。
そして、主人公の勇気さながらの強運を発揮し、お客さんに勝ってしまう田丸さん。

激しいじゃんけん争いの末、7点の賞品はお客様の元へ。

 

こんな形で、トークイベントは楽しい雰囲気の中、幕を閉じました。

ゲストの田丸さん、岸尾さん、司会のせなかさん、そしてお客さんの皆さんありがとうございました!

 

up


学園ヘヴンポータルTOP
 | Spray | PROTOTYPE

PlayStationおよびPSP、ロゴは株式会社ソニーコンピュータエンタテインメントの登録商標です。
Windows は米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標です。